工事情報共有システムについて

工事情報共有システムとは?

「工事情報共有システム」は施工中の工事における受注者・発注者間の情報共有(書類作成や回覧承認等)をインターネットを通して行うシステムです。
公共工事では土木や建築、電気、設備などの一般工事に限らず、営繕工事、設計調査等の業務委託にも使用できます。また、民間工事でも利用できます。
従来の紙による文書のやり取りで発生する移動時間など作業工程の「制約」を解消することにより、受発注者間のコミュニケーションを円滑にし、工事現場の生産性を向上させることができます。
国土交通省をはじめとする国、都道府県や政令市・市町村などの地方公共団体で採用が進んでいます。

工事情報共有システムの図

公共事業において、情報通信技術を活用し、受発注者間など
異なる組織間で情報を交換・共有することによって業務効率化を実現するシステム

工事情報共有システム導入のメリット

工事情報共有システムを導入することにより、作業時間を削減することができ、大幅に生産性を向上させることができます。

メリット1
移動時間の削減

  • WEB上で書類の発議・回覧・決裁が行え、修正・変更も手元で行うことができます。
  • 書類の提出にかかる往復時間、記載ミスによる手戻り時間の削減等、大きな効果が見込めます。
  • 書類の回覧状況が確認できるため、書類が誰にあるか気をもむ必要がありません。

メリット2
書類管理の効率化

  • 定型書類による入力作業省力化が図れます。
  • データはクラウド上に安全に保存され、書類や記録の紛失事故がなくなることから施工品質が向上します。
  • メールの添付ファイルでは難しい図面や写真などの大容量ファイルが登録・共有できます。

メリット3
情報共有の効率化

  • 電話やメールは非効率。工事情報共有システムなら、当該工事の情報のみを簡潔に集約・閲覧できます。
  • 受発注者双方の日程調整など、掲示板機能等を通じて調整できます。
  • 緊急時に写真アップやWEB会議などシステム上ですばやく情報共有することで、適切な判断を下せます。

メリット4
検査準備作業の効率化

  • 工事帳票の電子納品データ作成にも対応しており、紙でのファイリング作業が大幅に削減されます。

一度使ったら
紙の時代に戻れなくなる…
それが、工事情報共有システム
です!

工事情報共有システムなら電納ASPer!

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。

メールでお問い合わせ

office@wingbeat.net

電話でお問い合わせ

フリーダイヤル
TEL.0120-948-384
経営事業部
TEL.06-6543-2841